女性が転職を成功させるには?

インターネットなどで膨大な情報を自宅で収集できる時代ですが、就職や転職などで検索をすると、圧倒的に男性目線のものが多いです。
これは、働くのは男性である!と言う、昔ながらの根深い考えが残っているからでしょうか?
女性に関する情報量は、少ない気もします。
そんな中で、女性の転職について考えてまとめてみます。
男女雇用機会均等法、と言う法律が出来ましたが、なかなか、その中身について実感できるところがない気がします。

女性は結婚したら、そのまま仕事を続けられない可能性があります。妊娠・出産をすると、嫌でも仕事を離れなくてはなりません。
これに加え、出産後は育児と仕事の両立をしていきます。

転職を考える際に、独身の方で、その先にある、育児に関わる制度や、福利厚生も重要になってきますよね。

仕事はバリバリしたい!それに反して、女性だから。と古い考えの企業への転職は難しいかもしれないですね。都心部ではあまり無いでしょうが、地方へ行くと、まだまだ根強く男尊女卑的な考えが残っています。

女性を受け入れ、認めてくれる。女性社員が活躍している会社などが狙い目かな?と、自己分析ですが考えます。

もう一つは、何かしらのアピールポイントを持つことでしょうか。
技術職・エンジニアなど、男性の活躍が多いですが、まれに女性がバリバリ頑張っていることもあります。経験があれば即戦力になれますので、企業側は男性が多い中で即戦力となれば、男性と違う目線での活躍も期待できるので、ポイントアップになるのではないでしょうか。ただ、こういった職種は残業が多く、結婚や出産など、先々のことを考えると、負担が出てくるかもしれないですね。

女性の多い業種で考えると、商品開発やサービス業、営業などでしょうか。
企業によっては、女性が働きやすいように、企業内に保育園を設立したり、保育所を併設している企業もあります。少しずつですが、女性の働きやすい環境は増えています。

しかし、男性でも女性でも、志は大切だと思います。
男性に無い部分で、女性目線での活躍をアピールできます。と、会社へ自分を売り込んだり、企業側に「採用したい!」と思ってもらえる考えを示す事も大切だと思います。

実際、履歴書の書き方で、企業へ入社してからの仕事に対して「これがしたい、こんな仕事がしたい。」と、自分のやりたい事ばかり書く人より、「採用されたら、こんな事が出来ます。」と言うように、具体的に出来ることを伝える、出来る可能性をアピールする履歴書の方が、採用したいと思ってもらえるそうです。

仕事へのこだわりがあるなら、自分の経験を上手くアピールすること。(自分の経験に自信を持って話すことは大切です。)
とにかく転職したい!というのなら、女性が働きやすい企業を狙ってみてはいかがでしょう。

20代での転職に成功するには

一般的に大学、短大、専門学校、高校などを卒業して、就職をするわけですが、入社した会社に対して、辞めたい気持ちを抱いてしまうこともあるでしょう。
若いうちは勢いもあるので、入社して一年で辞めてしまう同期もいましたし、数年で転職にいたる同僚も見てきました。

自分自身、20代での転職を考えなかったわけではないですが、色々と考え、迷い、日々に流されていくうちに、20代後半を迎え、その頃には仕事に対して面白味や、やりがいを感じ始めて仕事に没頭し、転職の文字は頭の隅っこに行ってしまいました。

辞める勇気が無かったのかもしれませんが。

20代で転職を考えるとすると、大卒なら長くて6年、大学院卒なら4年、専門学校や短大卒なら長くて8年、高卒なら長くて10年といったように、個人の学歴だけでも、その経験年数は変わってきます。
これだけ見ると、高卒で就職したほうが技術も身についているし、有利に傾く場合もありそうですが、求人を見ると『大卒以上』や『短大卒以上』といったことが、応募資格に記載されている場合もあるので、やはり学歴が高い方が求人件数もお給料も優位でしょう。

さて、20代の転職、成功の鍵は?

人事の担当者が見るところとして、第一印象は履歴書。
履歴書でポイントを下げないような書き方を研究する必要があります。
誤字脱字や曲がった写真などは、基本的にNG!です。
時々、写真が貼られていない。なんて、あり得ない履歴書を送ってくる求職者もいるようですが、人事の担当者はその時点で履歴書を読み進める気がなくなるでしょう。

まず、空欄は無いに越したことは無い。ということ。極力空欄を埋めるよう努力をしましょう。志望動機も、どこかのサイトをコピペするだけでは、プロから見ると解るようなので、自分なりの文章で書くことが大切です。なぜ、その会社に入りたいのか、入ってからどうしたいか?
『志望』とは、志(こころざし)と望み(のぞみ)です。どんなことを望んで(入りたいと思った理由や、その会社で働きたい希望)、どんなことを志して(会社に入ってから、自分がどのように役に立っていこうとおもっているか?など)いくか!を重点的に考えて書くと、気持ちが伝わりやすいでしょう。

やはりネックとなるのは、転職回数の多さです。
転職が多いと、「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは?」と、相手に不安を与えてしまいます。ですから、転職を考えるときは、衝動的ではなく、ジックリ考えてから行動を起こすことも大切です。

とはいえ、20代。
転職を安易に考えてほしくは無いですが、自分の将来のために、まじめにスキルアップを考えたり、社会貢献を考えるのであれば、是非、いろんな意見を参考にして、転職を成功させてほしいです。

大手企業への転職に成功するための方法

大手企業への転職については、大手企業は人材が揃っているので並大抵のことでは採用にこぎつけることはできないことを、まずきちん認識する必要があります。

転職成功のためには、古くから言われている格言「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」ということになるでしょう。もちろん、転職先企業が敵ということはありませんが、城壁を取り除いてくれるまでは、敵と思って、勝つことに全知全能を投入しないと成功は覚束ないと肝に銘じておく必要があります。

敵を知るということは、何らかの事情で求人をしているということから、応募の機会が巡ってきたということですから、その事情なり、状況なり、そして求めている人材像を正確につかみ切ることを何よりも心がけることです。

まずは、その企業の経営理念・方針、歴史や沿革、最近の事業展開、業界における位置、方向性、特徴、強み弱み、大事にしていることなどを、間違いなく把握することがまずは必要です。その上で、人員構成とか、風土、気風など、人がらみのことも一通り勉強することです。

そして、どういう人材をどのように使うために求人しているか、何が求めるもので、何が不足しているのかなどを見極めたいものです。

ここまでが敵を知るということであり、次が己を知ることになります。
自分のビジネスキャリアを整理し、求人企業へどう貢献できるかをしっかり確認することが重要ですが、自分の強みや弱み、特徴、長所短所、経験してきたこと、仕事信条、目標、本当にやりたいことなどを整理しておくことが重要なポイントとなります。

そして、マッチングということを意識したときに、自分自身がさらに努力しなければならないことや、課題ということについても冷静に分析しておくことは省けません。

このようなことを総合的に検討し、面接では、謙虚に偽りなく説明する中で、自分の入社についての熱意と意気込みを、相手の方に伝わるように語ることが、大手企業への転職成功の道となります。
もちろん、これらは必要なことの最低限のことですから、さらにプラスワン、プラスサムティングすることが不可欠です。

営業マンが転職に成功するコツ

営業職はノルマを課せられることが多かったり周囲のプレッシャーが強いなどの環境の問題や上司・同僚・部下との人間関係の兼ね合いが難しくなっていることから、転職を検討する人が多い職業のひとつとされています。また、単純に営業職といっても業種によって多種多様な商品やサービスを販売する必要があり、同じ営業職でも販売するものを変えてみたり全く異なる業種や職種に転職を検討するという人も少なくありません。

では、そんな営業職の人たちが転職に成功するためには何かコツのようなものがあるのかというところですが、最大のコツは面接での自己アピール力であるとされています。日本人は自己アピールが苦手だとされているのですが、そもそも営業職とは自社の商品やサービスを相手に売り込む仕事となっているため、商品やサービスをしっかりアピールする力がなければ仕事にならないという一面があります。つまり面接で自己アピールを成功させることによって営業マンとしての力がどの程度あるのかを相手に示すことができるため、評価を左右させることができるポイントとなっているのです。

ではどのようなところをアピールしていくのかというと、当然自分自身の能力や志望理由となっているのですが単純にアピールするのではなく、志望する会社に対して自分の能力がどのような能力で貢献することができるのかというところを検討する必要があります。これはブレイクダウンといわれる思考方法であり、志望する会社と自分の能力がどの程度マッチするのかを考えることによって自然と動機なども明確になりますし、アピールするべきポイントを絞ることができるようになっています。

そしてそれらのアピールポイントを主観だけではなく客観的な部分も織り交ぜながら説明し、エピソードを挟む場合は出来るだけ具体的に、そして数値など目に見て分かるもので説明すると説得力をつけることが出来ます。これは普段の営業でも活用することが出来るので、マスターすることによって自分自身のスキルアップにもつなげられます。

Uターン転職に成功する方法

転職の1つにUターンがありますが、ここでは、都会から生まれ故郷や地方都市に職場を求めることになります。現在日本においては首都圏への人口集中が進んでますが、Uターンに関してはこれまでと同様に行われており、その理由としては個人差はあるものの、親の介護や都会の仕事への疲れなど様々なものがあります。

Uターンによる転職は、移り住む地域にもよりますが、事前に十分な準備をしていない場合などでは引越しをしてからでは大変となり、例えば、希望する職場の数も都会に比べて少ないために時間がかかることになってしまいます。そのため、成功するための準備をしっかりと行った上で転職に臨むことが大切なことになります。

Uターンで成功をする方法としてはいくつかのポイントを上げることができ、まず、情報収集に関する内容があります。転職を行う場合には、その地域における企業情報を収集することが必要になり、ここでは、インターネットの活用が最も効率よく行うことができる方法となります。民間求人サイトやハローワークへアクセスをすることで情報を得ることができ、他にも、地域の友人等に地元の求人情報を送付してもらことでも、状況を知ることができるようになります。また、場合によってやコネやツテなどの人脈を利用することも方法の1つとなります。

2つ目としては、ある程度の時間をかけることがあります。地方においても様々な企業があり、内容においても零細、中小企業から大手の関連企業など数多くの存在があります。そのために職種も含めた労働環境に関しては、十分に内容を確認した上で申込に移る必要があります。特に、家族がいる場合などでは、給与面や福利厚生面に関しては重要な内容となり、これまでの職場とあまりかけ離れている場合などでは後悔につながることになってしまいます。また、通勤に関しても考慮をしておくことが必要になります。都会とは異なり交通公共が発達していないために車で通うことも多くなるために、積雪地方などでは、職場までの距離等に関しても考慮をしておく必要があります。

転職に成功する職種選び。

これまでと違う仕事がしたい。と言う気持ちや、今の会社を辞めて、違う会社で働きたい。と転職を考える方は多いと思います。
でも、転職を考えるにあたって、何を重点におくか?というのは人によってウエイトが違うと思いますが、転職しやすい職種、転職が難しい職種があると思いませんか?

成功する職種、成功しやすい職種、成功と感じる職種。
と、考え方ひとつで、Aさんには成功だが、Bさんにとっては失敗。となることもあり得ますね。

では、転職をするにあたって、転職の難易度はどのようになるでしょう。

もともと、転職にはリスクがあると思います。現在働いている会社を辞める。という覚悟をしなければなりません。もし、会社へ辞める意向を伝えてから、転職に失敗したら、現在の会社に残れますか?
引き止められて残る方もいるそうですが、案外、会社ってドライかもしれません。
一度辞めると言った人間を、転職に失敗したからと暖かく受け入れてくれたとしても、また、いつ辞めると言い出すか?と不安を与えてしまうかもしれませんし、そうなると、転職ではなく、職を失う可能性もあるかもしれないのです。

それでも、別な道を歩こうと決めたなら、転職を成功させたいのはあたりまえですよね。
どんな仕事が転職しやすいか?を考えてみましょう。

キャリアがあるなら、現在の仕事で身につけたスキルを十分に発揮できて、さらに転職先の会社へ貢献できる確信があり、それをアピールできるなら、転職が成功する確率は高いでしょう。

次に、異なる業界の同職種への転職。
例えば、電機メーカーで営業として勤めていたが、保険業界の営業へ転職。とか、他業界とは言え、現場で培った経験が強みとなり、即戦力になれるので、転職成功の確率はあがるでしょう。

もし、現在の仕事が合わない。というのであれば、違う職種を考えるわけですが、同業界で違う職種に転職するなら、現在の仕事で得た経験を持って、次の職場の改善点などの提案が出来るかもしれませんし、比較的、転職の成功率は高い方でしょう。但し、同職種間での転職よりはハードルは上がります。

そして、一番確立として難しいのが、他業界の異業種への転職。
実務経験もなければ、一から覚えなければならないことが大変多くなりますので、個人的な努力はもちろん大切です。少しでも独自で勉強するなりして、次の会社へ貢献できる知識を身につけ、それをアピールできれば、転職成功への近道となるでしょう。

転職の成功と失敗、どう考える?

会社勤めを始めて、時と共に会社に慣れなかったり、他の仕事をしたいと思うようになったり、家庭の事情や、お給料面など、様々な理由で転職を考える人も少なくないと思います。

何を考えて転職をするのか?
その理由にも関係してくると思いますが、転職をする人の中には、成功をする人、失敗をする人、様々だと思います。

では、何を成功として、何を失敗とするか。
そもそも、転職できたことを成功とするなら、新しく希望する会社に内定するか否か。で成功が決まりますし、希望した会社から不採用を言われてしまった時点で失敗となります。

では、転職に成功したとして、その後の社会生活に対して不満が出てくることはないでしょうか?

意外と、お給料UPしたくて転職を考える人は多いかもしれませんが、転職してみたら、残業代が出ないとか、休みが取れないとか、ボーナスが少ないとか・・・
以前勤めていた会社と比べて、実は条件が悪く、辞めなければ良かった・・・と後悔をする方も少なくないようです。

また、違うことがしたくて、畑の違う会社へ就職したが、思った以上にきつくて続けられない・・・とか、前の仕事の方があっていた・・・と、嘆く場合もあります。

逆に、お給料も上がって、ポジションも上がって、と、転職に成功する人もいるでしょうが、お給料が高い分頑張っていくモチベーションをこれまで以上にキープして頑張る必要が出てきたり、中途だからと下に見られないように、とか、逆に中途採用ということは新しい会社から「即戦力」と期待されるわけですから、その期待に応えられるように努力をしなければいけなくなるかもしれないですね。
これを、きついと思い、失敗した!と感じるか、やりがいがある!と感じて頑張れるか?
それぞれの心持ち次第で、その転職が成功にも失敗にもなるかもしれません。

若いうちの転職は、スキルがない分即戦力を求める求人に対しては負け戦になりかねませんが、経験不問などの求人に対しては、伸び代が十分期待されるため採用もされやすいかもしれません。
逆に、年を重ねての転職は、その理由も問われるでしょう。
なぜ、転職をする必要があるのか?仕事を続けられないひとではないか?とネガティブな印象を与えてしまうと、採用がされにくいかもしれませんし、逆に上を目指して、もっと良い仕事をしたい!とポジティブに、柔軟に、次の会社に対してアピールできるなら、最移用される確立も高まるでしょう。

要するに、適材適所、自分の能力と経験を見極めることができるかどうかが、成功と失敗を分ける要素になるのではないでしょうか?

転職に成功したひとの、成功の秘訣を探る!

仕事に就いて、数ヶ月、数年と時間が過ぎると、今の仕事は自分に向いているだろうか?
とか、もう少しお給料をもらえないだろうか?とか、なんとなく自分の会社に対してネガティブに捕らえてしまい、転職を考えてしまいませんか?

また、今よりももっと良い仕事をしたい!なんて、ポジティブな転職を考える人もいることでしょう。

一時期は新卒が就職難であるとか、求人が少ないとか、転職を考えるにも不安な報道が耳に入ってきたこともありますが、最近は求人数の方が就職希望者を上回っていて、求人があまっている。なんて話も聞きました。

ただ、転職して成功する。と言うことは、やはり、これまでの収入より上回る収入が得られる。とか、今までより高いポジションにつくことが出来る。など、前職と比較して、良い条件となることですよね。
つまり、そういう求人には、きっと、就職希望者が殺到するわけで、上手くいく人、残念ながら上手くいかない人が出てくると思います。

では、転職に成功するために、どういうことに気をつけたら良いか?

まずは、履歴書。
これは、必ず人事の担当者が目にします。個人の内面を知る前の大切な資料となりますので、第一印象と言っても過言ではない大きな役割をしています。
実際に、小さく読みにくい履歴書を送って、それだけではじかれてしまうケースもあるそうです。
自宅にパソコンが当たり前で、履歴書も職務経歴書もパソコンで記入できる時代です。
文字を書くのが苦手な方は、当たり前にパソコンで書類作成するでしょう。
でも、考えてみてください。みんながパソコンで履歴書を作成する中、一枚だけ手書きの書類があったら、目に留まらないでしょうか?
目に留まったら、それがチャンスとなります!
ですから、他と区別をつけるためにも、私は手書きの履歴書は好印象を与えるのではないかと思います。但し、多少字が汚くても、とにかく、一字一句丁寧に、心をこめて書くことは大切だと思いますが。

次に、自分のこれまでのアピールのためにも、職務経歴書は必ず作成したほうが良いですね。これまでに何をしてきたかを書面にて細かく伝えることで、次の会社で出来ること、または出来そうなことがないか?面接の前に人事担当に知ってもらい、興味を持ってもらえると思います。

私も何度か経験しましたが、書類選考だけで、面接まで行かなかった場合、何がいけなかったか?と振り返り、そのたびに、自分のアピール出来るところを、いかに完結に明確にするかは大切になると思います。

そして、自分のスキルを生かせるような職種を選ぶことも大切だと思います。
転職=中途採用ですから、会社側は即戦力になる人材を求めることが多いです。
ですから、これまでの経験を生かせるような、アピールできるような会社を選ぶことは大切でしょう。
違う職種へ転職したいなら、何かしら、自分で勉強して、その気持ちと努力した結果を持って挑むことで、成功へ繋がると思います。

最後に、安易に、どこでもいいから!と履歴書をばら撒くのはご法度ですね。
人事担当の方は沢山の求職者を見てきているので、誠実な気持ちでなければ、見抜かれてしまうと思いますよ。